「市民の古代研究会・関東」と「古代の風」の沿革

 1994年7月、「市民の古代研究会・関東」を発足させました。
同時に会の機関誌『関東通信』(無料)と研究発表を中心とした『古代の風』(有料)を発刊しました。
 その後2000年に両誌を一本化するにあたって会の運営についても再検討しました。
結果、会としての会則・会費は持たないことにし、例会や講演会・見学会などはそれぞれ 独立採算性で運営することにしました。どなたでも気軽に研究活動に参加できる体制を整えたわけです。
 そして両誌は、独立した月刊市民の古代研究『古代の風』(有料)として新たに出発することになりました。以来240号(2014年6月号現在)を数えています。
 発行は月1回(20頁)です。講読希望の方は問い合わせ先までお申し込みください。

  編集/ 古代の風編集委員会
  発行 /市民の古代研究会・関東
  購読料/ 年間3000円   半年1500円
  郵便振替/ 00180-3-5001  古代の風経理部

            冊子版古代の風お問合せ先